本文へスキップ

株式会社トマススパイラル工業所はタングステン・モリブデン線加工を専門とする関西老舗メーカーです。

株式会社トマススパイラル工業所

TEL. 072-622-6541

〒567-0806 大阪府茨木市庄1-14-18

ごあいさつ

  • 誇り高きメイド・イン・日本! 卓越した技術力とアイデア!!

    株式会社トマススパイラル工業所は1946年京都にて、白熱電球用タングステンフィラメントの製造メーカーとしてスタートいたしました。

    今日まで身近な明かりからエレクトロニクスの最先端まで広範囲にわたる光の可能性に挑戦してまいりました。

    とくに近年においては、海外生産化が進む中、高品質、適正価格、短納期はもちろんの事、多品種少量生産をもって顧客の細かいニーズに迅速に対応しております。

    また地球環境保全の必要性を踏まえ、「地球にやさしい物作り」を目指しております。今後とも卓越した技術力に加え、高い創造性、研究開発を持って一歩一歩着実に前進していく所存であります。

企業理念

  • 株式会社トマススパイラル工業所は、「お客さま・社員第一主義」を原点に、人間性を大切にした堅実経営でシステムの構築をめざしています。
  • 株式会社トマススパイラル工業所は、規模の拡大よりも社員ひとりひとりがそれぞれの能力をさらに伸ばし、よりクオリティの高い仕事で社会に貢献していくことをめざしています。
  • 株式会社トマススパイラル工業所は、まず社員全員が精神的・経済的に豊かになることが大切だと考えます。それにより、より高い視野からよりよい仕事が可能となり、お客さまにも大きな喜びを提供することができます。ひいては社会に対して大きな貢献ができるものと確認しています。
  • 株式会社トマススパイラル工業所の物づくりは「5ゲン主義」(現場・現物・現実・原理・原則)を原点に、1個からの物づくり体制の集合体が、少量、多品種、短納期生産に対応すると考えます。お客さまの細やかなニーズに柔軟に対応できる物づくりを確立します。

社名の由来

  • 京都、八幡男山の竹を炭素化した綿炭素フィラメント電球の発明者トーマス・エジソン(Thomas Alva Edison)にちなんでトーマスからトマスになったと思われる方が多いのですが、実際は創業者である安藤弥一が終戦後、富増電球(とみます)にて電球フィラメントの製造技術を学び、後に独立するにあたって富増の名前をトマスに変名したのが由来です。

バナースペース

株式会社トマススパイラル工業所

〒567-0806
大阪府茨木市庄1-14-18

TEL 072-622-6541
FAX 072-624-7894